ライト兄弟が人類の夢をかけて初めて空を舞ったのが西暦1903年ですが、当社はその6年後の明治42年(1909年)に創業者木幡久右衛門が、大阪の西区靭(うつぼ)の地にて木幡計器製作所として創業致しました。

彼はこの後に訪れるであろう工業化の波を予測し、当時まだ国産メーカーが殆どなく輸入に頼っていたブルドン管圧力計に着目して研究を重ね、家業としていた金物製造の技術を応用してブルドン管の製作に成功しました。以来100有余年、当社は「錨印」ブランドの圧力計メーカーとして活動して参りました。さらに、創業者より研究開発の精神を受け継ぎ、圧力計測技術を応用した独自技術の開発に積極的に取り組み、現在では医療機器開発やIoT関連機器開発にも取り組んでおります。

最新ニュース

New Product

関連団体

事業概要