沿 革

1909年
明治42年

創業者木幡久右衛門が大阪市西区靭(うつぼ)の地にて、木幡計器製作所として創業。圧力計の製作、販売を始める。

創業者木幡久右衛門
創業者木幡久右衛門

1923年
大正12年

度量衡法改正に伴い圧力計製作免許第1号を下付される。

1938年
昭和13年

計圧器製作改良実業功労者として大阪府知事より表彰される。

1942年
昭和17年

創業者木幡久右衛門死去。木幡一雄が代表者となる。

1945年
昭和20年

西区靱(うつぼ)の本社工場が戦災により焼失。
第2工場であった大正区南恩加島3丁目に本社工場を全面移転。

1951年
昭和26年

法人組織に改める。資本金100万円。

1955年
昭和30年

JIS規格表示許可工場(JIS B7505)となる。

1956年
昭和31年

国際見本市連盟に日本が加入後初の日本国際見本市に製品出品。

1959年
昭和34年

資本金200万円に増資。本社工場増設。
2代目社長木幡一雄が急逝し3代目社長に木幡茂男が就任。

1962年
昭和37年

資本金300万円に増資、日本専売公社指定メーカーになる。

1964年
昭和39年

資本金800万円に増資、耐圧防爆型圧力スイッチ(BA-30E型)型式認定取得。

1967年
昭和42年

資本金1,000万円に増資。

1970年
昭和45年

防衛庁委託研究の潜水艦深度計に関し、三菱重工業株式会社殿の研究指定メー力ーとなる。三菱重工業株式会社神戸造船所殿の技術指導により電子式圧力発信器を開発。

1972年
昭和47年

三菱重工業株式会社殿の認定工場となる。

1974年
昭和49年

圧力スイッチ(BA-2型)NV規格、L.R.S規格認定取得。

1975年
昭和50年

資本金2,000万円に増資、台湾MAO SHANG C0へ技術供与、現地生産開始。

1977年
昭和52年

木幡康祐が代表取締役社長に就任。

1983年
昭和58年

計量関係優良事業場として大阪府知事より表彰される。

1984年
昭和59年

木幡民子が代表取締役社長に就任。

1987年
昭和62年

事業拡張に伴い本社工場移転(大正区南恩加島5丁目)。

1988年
昭和63年

直圧式液面計(BU 3/8 100m/m等)NK認定取得。

1996年
平成8年

計量法による型式認定(機械式合金鋼系・黄銅系)取得。
承認番号:第X9616号 アネロイド圧力計(機械式合金鋼系)
承認番号:第X9617号 アネロイド圧力計(機械式黄銅系)

1997年
平成9年

インターネットにホームページ掲載。(http://www.kobata.co.jp/)
コンピューター関連事業としてネッツ事業部(後にウィザード事業部)にてパソコン研修、LAN関連、ホームページ作成、レンタルサーバ等の業務を始める。

1998年
平成10年

木幡喜久恵が代表取締役社長に就任。

木幡喜久恵
木幡喜久恵

2001年
平成13年

ウィザード事業部を有限会社ウィザードとして分離。

2009年
平成21年

JIS規格(JIS B7505-1)制度改正に伴い新JISマーク表示制度認証取得。
承認番号:JQ0508207

2012年
平成24年

中小企業の新たな事業活動の促進に関する法律に基づく経営革新計画について大阪府より承認を受ける。

2013年
平成25年

「平成24年度補正 ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金」の採択を受ける。
「おおさか地域創造ファンド 重点プロジェクト助成金」の採択を受ける。
木幡巌が代表取締役社長に就任。
大阪市より「大阪トップランナー育成事業」のプロジェクト認定を受ける。

木幡巌
木幡巌

2014年
平成26年

大阪府より「大阪ものづくり優良企業賞」の顕彰を受賞する。
「平成25年度補正 中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業補助金」の採択を受ける。

2015年
平成27年

医療機器製造業の登録(登録番号27BZ200358)を受ける。
「平成26年度補正 ものづくり・商業・サービス革新補助金」の採択を受ける。
「大阪府 医療機器研究開発支援事業補助金」の採択を受ける。
2015年度関西IT百撰に選ばれる。

2016年
平成28年

第二種医療機器製造販売業許可登録(登録番号27B2X00300)
高度管理医療機器等販売業・貸与業許可登録(登録番号16N00027)
「平成27年度補正 ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金」の採択を受ける。
中小企業のものづくり基盤技術の高度化に関する法律に基づく特定研究開発等計画の法認定を受ける。
IPA「先進的IoTプログラム支援事業」に採択される。

2017年1月
平成29年

第1回滋賀テックプラングランプリにおいて企業賞(オムロン賞)を受賞。

2018年3月
平成30年

経済産業省より2018年度「はばたく中小企業・小規模事業者300社」に選定される。

2018年3月
平成30年

平成29年度「紀陽イノベーションサポートプログラム」に採択される。
研究開発テーマ:デジタル式アウトレットテスターの開発および連携可能な医療ガス設備保守点検システムの開発
共同研究機関:大丸エナウィン株式会社

2018年4月
平成30年

大阪市イノベーション拠点立地支援補助事業のベンチャー成長促進事業の認定を受けIoT、ライフサイエンス系ベンチャーの支援事業として本社工場2階に「Garage Taisho(ガレージ大正)」を開設する。

Garage Taisho
Garage Taisho

2018年7月
平成30年

経済産業省の「スタートアップファクトリー構築事業」に採択される。

2018年7月
平成30年

株式会社リバネスと資本提携を実施。